心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

ルールを破る人の心理を知って親しくするコツ

ルールを破る人の心理を知って親しくするコツ

ルールを破るのは、心理的に考えられる意味があります。世の中、規則に沿って生活しなければならない場面が色々とありますが、稀にルールを守れない人がいますよね。

あんな風になりたくないと冷たい視線を投げても、実は自分もルールを破ってしまう瞬間があるでしょう。とくに集団生活は、誰しもが気持ちよく行動するためにもルールを守るのが大切。

しかし必ず一人は、ルールを平気で破る人が存在します。ではそんなタイプの人の心理を知り、上手く接するコツについてご解説していきますね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ルールを破る人の心理について

ルールを破る人の心理を知って親しくするコツルールを破る人の心理について、詳しくご説明しましょう。簡単なことでもわざとやらない人が、世の中にはたくさん存在しますよね。

しかしルールは守らなければならないと、安易に考えるのも避けたいもの。なぜ守るべきなのか、ルールがある意味をきちんと知るのが大切です。

 

集団生活が苦手

ルールは一人でも、集団でも守るべき内容が色々とあります。たとえば車の運転。速度制限があるのは安全のためで、スピード違反は法的なルール違反になります。

うっかりやってしまう人もいれば、日頃からルールを無視している人もいますよね。このタイプに共通するのは、集団生活が苦手なところ。

周囲がやることを真似するのが嫌で、間違っているとわかっていてもついやってしまうのです。

 

指図されるのが嫌

ルールを破る人の心理は、他人に指図されるのが嫌いなためです。自分のことは自分で考えるので、放っておいてほしいと思っています。

それが悪いことで、たとえ忠告をされたとしても完全無視。人の意見をありがたく受け入れられないので、結果的に損するでしょう。

しかしルールを破りやすい人は、自分が指摘されてもなかなか正さず、我が道を行って満足しています。

 

型にはまりたくない

ルールを守る人を見るとカッコ悪いと思うのが、ルール破りをする人の心理背景。周囲と同じことをして、型にはまるのがとても嫌いです。

個性を大切にしているふりをしていますが、このタイプは勘違いして自由と勝手気ままを混同している部分も。型にはまらないためにはルールを破るのでなく、違った角度から自己アピールするのが好ましいですよね。

変わり者に見られやすいルール破りの人。常識を超えてしまうと、周囲からも距離を置かれてしまいます。

 

目立ちたい

ポイ捨てしてはいけない綺麗な公園で、ペットボトルや缶ジュースを放り捨てる人はとても目立ちます。ルールを破る心理は周囲から見られたい、視線を集めたい願望があり、悪いとわかっていてもやってしまうため。

規則を守らない人は基本的に気が小さい部分もあり、そんな自分を強くするために思い切ってルールを破る場合もあります。

世間から批判されることをして目立つよりも、正しいことで周囲から熱い視線を集めたいですよね。

 

ルール違反はカッコいいと思っている

若い年齢の人に多いのが、ルール違反がカッコいいと思っていること。悪ぶりたくて人がやらないことをして「悪」をアピールしています。

このタイプはよいことをするのが恥ずかしいと思うところもあり、照れ隠しで逆にルール違反する場合もあります。誰かに挨拶されても無視したり、助けてもらっても「ありがとう」と言わなかったり、マナーの悪さも目についてしまいます。

 

自分は特別だと思っている

ルールを破る人の心理は、自分だけは特別だと勘違いしているため。他の人とは違うので、ルールを破っても大丈夫だと考えているでしょう。

たとえば学生時代のグループ。髪を茶色に染めると校則違反なのに、自分は周囲と違うから大丈夫だとやりたい放題になっています。

ルールを破るのが当然になると、周囲も文句が言えなくなってしまいますよね。圧力をかけて自分を特別視する人もいるので、周囲はとても困惑してしまいます。


スポンサーリンク



ルールを破る人と上手く付き合う方法

ルールを破る人の心理を知って親しくするコツルールを破る人は、心理的にアプローチして理解してあげるのが大切です。仕事仲間や友人など、どうしても毎日対応しなければならない人もいますよね。そんな場合は、次の付き合い方のポイントを意識してみましょう。

 

褒め上手になる

ルールを破る人の心理は、自分が他の人とは違う存在だと思っているので、いつも特別扱いされたい願望があります。とても付き合いにくいタイプですが、相手が求めるものを理解すると、意外と簡単に打ち解けられるケースもあります。

自分を特別だと勘違いしている人には、褒め上手で接してください。そうすることで相手に受け入れてもらい、一緒にいると居心地のよい存在になるでしょう。

できるだけポジティブな意見を伝え、相手の機嫌をとること。するといつか心を開いて、本音で語ってくれるようになります。

 

相手の都合に合わせる

どのような性格の人でも人付き合いは、相手を立てるのがとても大切です。ルールを破る心理が働く人は、共通して自分勝手なところがありますので、意見がぶつからないように相手の都合に合わせて時間を使うとよいでしょう。

自分の都合を無理やり押しつける態度は、もっと距離を置いてしまうことにもなりかねません。常に自己中心的なルール破りの人は、人を振り回すのが得意なので、付き合える範囲で相手に譲歩して様子を見てください。

 

ルールの意味を説明してあげる

ルールや規則を守らない人は、ルールがなぜ必要か理解していない可能性があります。「こうしなさい」と一方的に言われると急に機嫌を悪くし、守るべき内容を無視したくなるのです。

そんな人にはなぜルールを守らなければならないのか、きちんと説明して納得させましょう。そもそもルールは社会生活の基盤で、皆が安全で快適に暮らすために必要です。

円滑に生活が送れるのはルールがあるためなので、それを破る人は根本から正してあげるべきなのです。

 

守るべきことを教えてあげる

ルールを守らないのは意図的にやっているだけでなく、規則自体が認知されていないのも要因です。知らないでルールを破っている人は損していますので、念のためにきちんと教えてあげましょう。

たとえば会社内のルール。規定に書かれてあっても、知らずに守れない場合もあるでしょう。その場合は他にも間違っている人がいる可能性もあるので、全体的に注意喚起してルールを再認識するのも大切ですね。

 

周囲の意見を伝える

ルールを破る人には、周囲がどう思っているか知ってもらうのが大切です。その人のために困っている人がいるかもしれませんし、迷惑で付き合いたくない人もいるでしょう。

仲良くするためには、本音で語る必要があります。周囲からの評価や自分が思っていることなどを本人に伝えて、改善してほしいことを話し合いましょう。それでも態度が変わらない場合は、距離を置いて付き合うのも方法ですね。

 

優しく指摘する

間違ったことをしそうになったら、怒るのでなく優しく指摘しましょう。ルールを破る人は、頑なに自分の意見を曲げない傾向があります。

人の意見は聞きたくないと思っているので、一方通行の会話になりがちです。そんな時は優しく指摘してあげること。本当は気が弱く、人に叱られると落ち込んでしまうタイプも多いので、常に感情的にならず接するのがコツになります。悪いことをされてもカッとせず、子供に説明するように優しく話してください。

 

まとめ

ルールを破る人の心理は、誰にでも隠されている部分かもしれません。これくらいやらなくてもバレないだろう、そんな軽い気持ちが積み重なるとルールの意味が見えなくなってしまうので、注意する必要がありますね。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!