心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

あだ名で呼ぶ心理には愛情があるものも

あだ名で呼ぶ心理には愛情があるものも

あだ名で呼ぶ心理に対しては、どんな思いがあるのか気になるものですよね。そこには愛情がある可能性も。今回はあだなで呼ぶ心理について、深く見ていきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

親しくなりたい

あだ名で呼ぶ心理には愛情があるものも相手と親しくなりたい思いが強いので、あだ名で呼ぶ心理になることがあります。相手と親しくなるきっかけとして、あだ名で呼びたいと思うのでしょう。

 

きっかけが見つからない

親しくなりたい相手が現れても、このきっかけが見つからなくて悩む時がありますよね。でもあだ名で呼ぶことにより、親しくなれる場合もあるのです。

突然のように呼ぶのは、とても勇気が要るもの。でも今よりも親しくなれるのなら…と思い、あだ名で呼ぶケースもあるでしょう。

突然あだ名で呼ばれて嬉しいと思う人もいれば、驚いたり不快な気持ちになったりする場合も。

必ずしもよい反応とは限らないからこそ、あだ名で呼ぶのが難しいと思う人もいるのです。

 

グループに加わりたい

周りの人が皆その人をあだ名で呼んでいるのに、自分だけは名字で「さん付け」で呼んでいるとしたら、どこか味気なさを感じるもの。

周りと同じように、あだ名で呼ぶようにすることで、皆と親しくなれると思う気持ちもあるでしょう。

最近グループに加わったという人なら、皆と親しくなれる方法として、あだ名で呼ぶようにするケースもあるのです。

呼び方を変えるだけでも、急に相手と近くなれる可能性はあるでしょう。実際にこれを感じるような場面もあるはず。

 

声のかけ方が分からない

声をどうかけてよいのか、最初の一言を難しいと思う人もいるでしょう。いきなり相手の肩をポンと叩いて、挨拶ができる人もいます。

でもこれができないので、それなら…と考えてあだ名で呼ぶ心理になるのでしょう。少し遠くにいる相手に対して、声をかけるような時もありますよね。

このような場合に、相手に気が付いてもらいたい思いがあり、無意識にあだ名で呼ぶような場面もあるのです。

相手としては、突然のことで驚くかもしれませんが、心が近いと感じて嬉しいと思うかもしれません。

 

特別な存在だと思っている

あだ名で呼ぶ心理には愛情があるものも相手に対して特別な存在だと思うので、あだ名で呼ぶ心理になる時もあります。特別な存在だと相手に思い、自分の気持ちを伝えたいと考えているのでしょう。

 

特別感を伝えたい

特に女性は、男性から特別感を与えてほしいと思うものです。特別感を与えてくれる相手に対しては、親しみや好意を持つもの。

女性が特別感をほしいと思っている時に、男性からあだ名で呼ばれると嬉しいと感じるでしょう。

特別な相手だと思うからこそ、自分の気持ちを伝えようと思い、あだ名で呼ぶ心理になるのです。でもこれを実践できるかどうかは、タイミングにもよるでしょう。

今なら大丈夫かな、不自然ではないかなと思いながら、少し緊張をしてあだ名で呼ぶ人もいるはずです。

緊張をしながらも勇気を出してあだ名を呼んだ時に、相手の反応が良いとかなり幸せな気持ちになれるでしょう。これをきっかけにお互いに笑顔になれるのなら、とても素敵ですよね。

 

自然に仲良くなりたい

あだ名で呼ぶことが定着してくれば、LINEでのやり取りでもこれができるようになるのです。いつしかそう呼ばれるのが当たり前のように、相手が思ってくれるといいなと思う気持ちも。

自然に仲良くなりたいと思うのは、相手のテリトリーに無理に入っていくのは失礼だと思うからでしょう。パーソナルスペースを大切にしたいと考えるので、これについても意識をしているのです。

自分がされて嫌なことを、相手にはしたくないと思う気持ちが強いので、自然に仲良くなれるためにチャンスを待つ人もいるでしょう。

違和感のある接し方をして、相手から引かれてしまうのは避けたいところ。これよりも、自然に相手の心の近くに行きたいと考えるので、あだ名で呼ぶ心理になるのです。

 

印象付けたい

あだ名で呼ぶ心理には愛情があるものも自分を印象付けたいと思うので、周りの人とは違う呼び方をしたいと考える場合もあります。この時に「○○って呼んでみよう」と自分で決めるケースもあるでしょう。

 

インパクトを与えたい

他の人とは違う名前で呼んでくる人に対して、相手は新鮮で不思議な気持ちになるもの。でもこのあだ名が、自分にとってあまり気に入らないものかもしれません。

こういう時には、呼んだ時に相手の表情が曇ることもあるでしょう。それでもしつこく同じように呼ぶのではなくて「他の人とは違う呼び方をしたい」と伝える必要があります。

相手にとって、コンプレックスだと思うような部分に関するあだ名を、長所だと思い呼んでしまったとしたら、相手は辛い気持ちになるでしょう。

でも他の人とは違う呼び方をしたいと分かると、なるほどと納得をしてくれるはず。「普段、どのように呼ばれているの?」と聞いて、この中にはないけれど相手にとって嫌ではないはずと思う、あだ名を考えてみましょう。

これにしようと思ったのなら、相手に伝えてみて「○○って呼んでもいいかな?」と確認を取ってから呼ぶようにしたいですね。そうすれば相手は、笑顔で頷いてくれるかもしれません。


スポンサーリンク



友情か愛情か分からない

あだ名で呼ぶ心理には愛情があるものも親しくなれたけれど、まだこの気持ちが友情か愛情か分からないと思う時にも、あだ名で呼ぶ心理になるものです。

自分の気持ちを確かめたいと思うので、あだ名で呼んでみて自分がどう思うのかを試してみたいのでしょう。

 

呼んだことで友達だと分かる時も

あだ名で呼んだ時に「この人とはずっと友達でいたい」と思う場合もあります。なんとなく異性としては意識することはできないけれど、人としては好きというパターンでしょう。

この場合には、相手とは友達でいようと思うかもしれません。でも最初は友達でも段々と好きになっていって、恋愛に発展するケースもあります。

相手とやり取りを多くしていって、グループで出掛けたりしていくうちに、友達以上になれる可能性も。

これについて先は分からないと思う気持ちがあっても、しばらくはこのまま友達でいようと決める人もいるでしょう。

相手との関係性を、何らかの形で決めておきたいタイプの人なら「この人とは友達でいよう」と思うのでしょう。

 

呼んだことで愛情が分かるケース

あだ名で呼ぶと、自分でも驚くくらいに相手への愛情が分かることもあります。相手と今まで以上に親しくなれて、近い存在だと感じるのでしょう。

ずっと前から、こう呼びたかったと思い感動をする場面もあるかもしれません。突然あだ名で呼ぶ前に、少しでも仲良くなりたいと努力をしてきた人もいるでしょう。

この人ともっと親しくなりたいけれど、関係を崩したくないと考えるので、行動が慎重になるのです。

相手に送るメッセージひとつにしても、かなり考えてから送る場合もあるでしょう。送る前に何度も読み返して、相手が気を悪くしないかどうかがとても気になるのです。

どうでもいいと思う相手ではないからこそ、やり取りをとても大切に考えているのでしょう。こういう相手に対しては、早い段階であだ名で呼んで親しくなりたいと思うもの。

 

まとめ

あだ名で呼ぶ心理には、相手への愛情がある可能性が高いです。口下手で不器用なタイプの人は、どうすれば相手と親しくなれるのか分からず悩んでしまうもの。

でもあだ名で呼ぶことができれば、そこから今までよりもかなり仲良くなれる可能性が出てくるのです。

あだ名で呼ぶようにして相手ともっと親しくなれたり、そして自分のこともあだ名で呼んでもらったりする関係を目指すようにしたいですね。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!