心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

電話嫌いの心理について・克服するためにやるべきこと

電話嫌いの心理について・克服するためにやるべきこと

電話嫌いの心理は、はっきりとした理由がある場合もあるようです。忙しい時にかかってくる電話は誰でも無視したいところですが、着信音が鳴るたびにドキッとするほど怖くなる人もいるでしょう。

コミュニケーションツールのひとつである電話。仕事で避けられないこともあります。苦手意識を持っている人は、電話嫌いの心理を理解して上手に克服していきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

電話嫌いの心理で考えられること

電話嫌いの心理について・克服するためにやるべきこと「会社の電話に出るのが怖い」と思った経験はあるはずです。相手が見えないので、あらゆる不安や迷いを抱きやすい電話でのコミュニケーション。電話嫌いになるのは、心理的に次のような理由が考えられます。

 

電話嫌いに共通する内容

電話をかける際、受ける際、どちらも一瞬ためらうことがあります。電話嫌いは意外と多く、共通するところがいくつかあるでしょう。

まずは電話に出ることに対して、過剰なストレスを感じること。かなり無理して自分をプッシュしないと、電話に出られないのは嫌いなサインです。

また出るだけでなく、かけるのも苦手なのが電話嫌いの共通点。人に自分が電話している姿を見られたり、話を聞かれたりすることにも抵抗があり、すぐに外に出てしまいます。

電話嫌いは着信音がとても苦手。ドキッとさせられると電話に出た後、上手く話せないのです。

 

過去の出来事が原因

過去に電話で失敗した経験があると、着信音を聞くたびに過去の失敗を思い出します。たとえば会社の電話。有名企業の社長からの電話を上手く取り次げなくて、上司からかなり怒られた場合もあるでしょう。

また間違い電話をかけて、知らない人にいきなり怒鳴られたなど。このような不適切な電話のやりとりは不快な思い出になっているため、また同じ失敗をしそうで電話嫌いの心理になってしまいます。

電話での失敗談は誰でもあるはずですが、感じ方によっては印象に残ってしまうケースもあるでしょう。いつまでも嫌な思い出を引きずっているので、電話が好きになれません。

 

相手の表情がわからないから

人間同士のコミュニケーションは、表情や態度で相手の気持ちを見極めながら、上手くバランスがとれるものです。電話嫌いは心理的に見えない相手に恐怖心を抱く傾向があり、笑っていても本当は怒っているのではないかと不安を掻き立ててしまうのです。

電話は声や話し方だけで、相手の状態を推測しなければなりません。普段から喧嘩口調で話す人も世の中にはいますので、デリケートな性格の人にはとても攻撃的に聞こえるでしょう。

このような過剰な感じ方が電話嫌いの心理となり、できるだけ電話は使いたくなくなるのです。

 

プレッシャーを感じる

スマホは、いつもそばに置いてあるのが今の時代の象徴です。メッセージやSNSなどで、他人と常に繋がっていることが当たり前になっているので、電話連絡もすぐにできる環境があります。

そのため電話をかけてくる相手は、すぐに出てもらえるつもりでかけてくるので、都合が悪いと激しく叱責する人もいるでしょう。「さっき、どうして電話に出なかったの?」と怒られると、電話自体にプレッシャーを感じるようになります。

すぐに出られる状態にしないと人から嫌われる、そう自分で緊張感を煽ってしまうのも電話嫌いの心理的特徴です。

 

話し下手

会話の相手が目の前にいれば風景を話題にするなど、その環境の中で次の話題が見つかります。しかし電話相手は全く様子が掴めないので、話し下手の人はかなり高いハードルを感じるでしょう。

相手が沈黙していると、何を話せばよいのかわからなくなる人。シーンとしないように、無理に話題を見つけてどっと疲れる人もいます。

話し下手や内向的な人は、性格がそのまま電話に表れるので相手に負担をかけたくなく、つい電話を避けるようになります。

 

非通知が怖い

電話が苦手でも、相手が友人や仕事仲間なら多少は安心です。しかし非通知電話は相手が誰か全くわからないので、電話嫌いな人は恐怖を感じてしまいます。

たとえばしつこい勧誘など、不審に思うような内容もあるでしょう。このような非通知電話は事前に表示で知らせてくれるので助かりますが、自分が対象になったように感じるので電話が怖くなるきっかけに。

すると相手が誰かわかっていても、心理的に電話を拒否したほうが安全に感じるのです。


スポンサーリンク



電話嫌いを克服する方法について

電話嫌いの心理について・克服するためにやるべきこと電話をいつまでも避けては、快適な暮らしは送れない可能性もあります。電話を大好きになることは無理でも、苦手意識や恐怖心を軽減させるのは可能です。では電話嫌いの人が克服するための、オススメの方法をご説明しましょう。

 

電話の相手に対する考えを変える

電話嫌いの心理に共通するのは相手が見えない不安で、どのような表情で話しているかネガティブにイメージするのが原因です。自分の話し方で、相手を不快にしたらどうしようと不安になると、いっそのこと留守電に設定したほうが安心。

しかし電話の相手は、必ずしも攻撃的になっているわけではありませんし、相手も自分と同じく電話が苦手で緊張しているかもしれません。

どう思われるか余計な不安を抱くよりも、相手は完璧を求めていないと認識すると、少し気が楽になります。

 

着信音を変える

心臓が止まるほどドキッとする激しい着信音は、緊張して電話に出るのは嫌になります。まるで相手が「早く出ろ!」とまくし立てているように聞こえますよね。

そんな時は、着信音を変えてみるのも方法のひとつ。優しい鳥の鳴き声など音量も下げておくと、シーンとした環境でも電話が鳴ってドキッとすることはなくなります。

 

リラックス方法を身につける

電話嫌いは緊張しやすい人も多く、突然の場面でどう対応すればよいのか、頭がきちんと回転しなくなります。たとえば会社の電話。

緊張したまま電話に出ても、相手の声がしっかりと耳に入ってこないので、相手の名前すら確認できません。そんな電話を上司に回しても「ちゃんと相手の名前を聞いておいて」と怒られるだけ。

緊迫した雰囲気にならないためにも、リラックス方法を身につけると安心です。電話の音が鳴ったら、深呼吸するだけで落ち着くかもしれません。

または着信音を何度も聞くとさらに緊張する人なら、鳴った瞬間に勢いで出てしまうのも方法です。

 

最初にきちんと名乗る

電話は最初の一言がその後の流れを決めてしまいますので、電話嫌いな人もきちんと自分の名前を名乗ることから始めましょう。「○○会社の○○です」とはっきりと自分の名前を相手に聞こえるように伝えると、「○○さんですね」と相手が認識してくれます。

そこでつながりができると安心感が湧き、自信がつくといえるでしょう。「久しぶり、元気?」と電話の定番フレーズを決めておくのも、電話嫌いを克服するコツになるのです。

 

普段から会話量を増やす

コールセンターのように、毎日電話に出ることが仕事の人なら、電話に対する抵抗は少ないと考えられます。苦手なことを克服するには慣れが必要なので、普段から人と会話する機会を増やしてみましょう。

話すことが少ない人が電話に出ると、声が震えているのが自分でもわかります。元気よく応答するためにも、会話がよい練習になるはずです。

友人に電話をかけたり、オフィスの隣の席にいる人に話しかけてみたり、積極的に話すことに慣れてください。

 

まとめ

電話嫌いは心理的な原因を理解して、自分でできることから少しずつ改善していきましょう。苦手な仕事の取次の電話も、1本が何時間も続くものではありません。

ひとつひとつを上手にこなし、電話は思っているほど怖いものではないと自覚するのが大切ですね。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!