心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

大切にされたい心理になるのはなぜ?恋愛が関係している理由

大切にされたい心理になるのはなぜ?恋愛が関係している理由

大切にされたい心理になるのは、男性だけではなく女性にも共通してあることです。ここには恋愛が関係している場合が多いのですが、その理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

大切にされたい心理になるのはなぜなのかを知ると、恋愛が上手く行く可能性もあるのでその心理について深く伝えていきます。今後の恋愛の参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

寂しがりの性格

大切にされたい心理になるのはなぜ?恋愛が関係している理由元々寂しがりの性格の人は、大切にされたい心理になりやすいです。寂しいと思った時に、近くにいてくれる人に愛情を感じることもあるでしょう。

 

寂しさを紛らわせたい

寂しさを紛らわせようとして、一人で出来る趣味を見つける人もいるでしょう。でも趣味に打ち込みたいのに、これができなくて更に寂しくなるケースもあるのです。

でも人から大切にされているとメッセージなどで感じると、途端に趣味を楽しめるようになる人は多いでしょう。

大切にされている自信から、何をしていても楽しくなってくる例もあるのです。でもこれを感じられないと、何をしていても楽しくない…と辛くなってくるのでしょう。

このため寂しさを感じた時には親しい人に連絡をして、大切にされているという実感を得るようにしてみる必要があります。これができると安心感を得られるので、笑顔になり心が落ち着いてくるでしょう。

 

寂しがりだと知られたくない

本当は寂しがりでも、これを人に知られたくなくて隠している人もいます。でもどうしても隠すことができずに、弱さを見せてしまう時もあるでしょう。

こういう時に相手から、大切にされていると感じる返事があると、とても幸せな気持ちになるのです。

思い切って弱さを見せてみて、良かったと思うのでしょう。でもクールな反応が返ってきた時には、弱さを見せたことを後悔してしまうのです。

「言わなければよかった…」と残念な気持ちになるでしょう。弱さを見せられない人の多くは、それまでに弱さを見せた時にされた対応がトラウマになっているのです。

もし安心感を得られる対応をしてもらえたのなら、大切にされていると思えるのでもしもの時には弱さを見せられる自分になれるでしょう。

でも対応は人により違うので、クールな対応をされた経験があっても諦めずに時には弱さを見せてみましょう。このうえで悩みや辛い思いを相談して、相手と話す機会を持つようにしたいですね。

 

愛されている確信が欲しい

大切にされたい心理になるのはなぜ?恋愛が関係している理由こちらから愛情について伝えても、相手から愛情の言葉がない場合も。こうなると、とても辛くなってしまうのです。

愛されている確信が欲しいと思うのは、相手に大切にされたい心理があるからでしょう。どうでもよいと思う相手からの愛情ではないからこそ、欲しいと思う気持ちがあるのです。

 

愛されるために努力をしたい

相手からただ愛されるだけではなく、このための努力をしていきたいと考える人も。そのうえで愛情を感じられたのなら、とても嬉しい気持ちになるのです。

愛されるための努力をしている自分を、自分で好きだと思うケースもあるでしょう。愛されるのを当然だと思う自分でいるのが嫌なので、このために自分磨きを頑張る人もいます。

愛される自分だと納得できないと、相手に申し訳ない気持ちになる場合も。このためにも、自分をもっと磨いて愛されたいと考えるのでしょう。

 

大切にしたい気持ちがある

大切にされたい心理には、相手を大切にしたい気持ちがある場合も。大切にされたいと願うだけではなく、自分からも相手を大切にしていると表現をしたいのです。

ただ思っているだけでは、相手に伝わらない場合が多いですよね。結果として相手との距離が、出来てしまうのを避けたいのです。

でも相手からも大切にしているという表現を、つい求めてしまうケースもあるでしょう。無償の愛について追究をしたいけれど、やはり相手からの気持ちについて確信が欲しいのです。

これができてこそ、お互いに近い存在になれたと思えるのでしょう。このためにも相手を大切にして、相手からも大切にされるような関係を目指したいと考えるのです。


スポンサーリンク



心身が疲れている

大切にされたい心理になるのはなぜ?恋愛が関係している理由自分が疲れているような時に、労ってくれる存在はとてもありがたいものですよね。でも労うだけではなく、大切にされたい心理になる時もあるのです。

心身に疲れを感じている時に、人から大切にされていると感じると、疲れが軽減するケースは多いでしょう。

 

疲れていると言えるかどうかも大切

自分は今疲れていると言える相手とは、一緒にいても疲れないという説があります。このため、相手に対して疲れていると言えるかどうかもとても大切でしょう。

でも疲れていると正直に言えないとしたら、相手に対して遠慮をしている場合があり、まだ信頼関係が構築できないなどの理由があるのです。

疲れていると言えるような相手になら、これから先にも一緒にいられる可能性が高くなります。

相手に対してそれを言った時に、大切にされているかどうかが明確になる例もあるでしょう。「疲れている」と伝えても、相手が自分の話をし続けるとしたら悲しくなってしまいますよね。

労って励ましてくれるような相手になら、大切にされていると感じることができるはずです。

 

穏やかな時間が過ごしたい

デートをすると決まっていても、疲れていて乗り気になれない時もあります。こういう日には「今日は家でゆっくりしよう」と、相手に言うことも。

それに対して、自分の行きたい場所を伝えてきて無理にでも連れて行かせるような相手なら「この人とはもう無理かもしれない」と、思ってしまうでしょう。

家でゆっくりすることに対して理解をしてくれて、女性であれば手料理を作ってくれるようなら、とても幸せな気持ちになれるのです。

大切にされていると思えるので、穏やかな時間を過ごせるでしょう。このような相手となら、これからも仲良く過ごしていけると思えるものです。

 

大切にされていないように思う

大切にされたい心理になるのはなぜ?恋愛が関係している理由大切にしてくれていない、他のものばかり優先していると思うと、大切にされたい心理になることもあるでしょう。大切にされたいと思わせてしまうのは、相手にも原因があるのです。

 

ストレートに言うことも必要

他のものばかり優先していると感じるのなら、相手に対して伝えるのも必要でしょう。相手としては甘えがあり、そうしているのかもしれません。

でも言われてみて初めて「このままではよくない」と感じることもあるのです。ストレートに言わないと、伝わらない相手もいるでしょう。

もし遠回しに言うと、まるで嫌味のように受け取られてしまうリスクもあるのです。相手の性格を理解したうえで、時にはストレートに気持ちを伝えるのも大切ですね。

 

大切にしてほしいと伝えてみる

大切にしてほしいと感じる時には、自分の希望について伝えてみましょう。これを言うと、相手がそれなら…と思い、行動や言葉で大切に感じていると表現をしてくれる場合もあるのです。

大切にしてほしい思いを我慢しながら、やり取りをしていても長続きするカップルにはなれないでしょう。

これよりも自分の希望を素直に伝える機会を持つ方が、相手としても行動がしやすくなるのです。

 

まとめ

大切にされたい心理になる時には、人を求めているサインと言えるのです。親しい人に連絡をして、やり取りをしてみましょう。

自分の中の思いが満たされるのを、ゆっくりとでも感じるはずです。恋愛だけに限らず、人を求めている自分を理解して行動に移すようにした方が、今の状態よりも楽になるケースは多いでしょう。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!