心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

優柔不断な心理になる男性の特徴と悩む癖を改善する方法

優柔不断な男性心理の特徴といつまでも悩む癖を改善する方法

優柔不断な心理を理解して、お互いに快適に付き合うコツを掴んでみませんか。とくに男性ならはっきりと自分の意見を伝え、一貫した態度が求められます。

しかし優柔不断な男性も世の中には多く存在し、それが逆に魅力になるケースもあるでしょう。でも優柔不断はメリットよりもデメリットが多く、自分が損する場面もあるはず。

そこで今回は優柔不断な男性の心理背景と、改善する方法について詳しくご説明しますので、ぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

優柔不断な男性の深層心理と特徴について

優柔不断な男性心理の特徴といつまでも悩む癖を改善する方法「夕飯、何食べる?」と質問しても、なかなか答えが出てこない彼氏。優柔不断な人は、一緒にいる人がイライラする場面がよくあります。では深層心理で考えられる、優柔不断になる理由について見ていきましょう。

 

失敗を恐れている

一度決断したことをまた考え直したり、簡単なことでも時間をかけて判断したりする人。優柔不断な男性の心理にあるのは、失敗を恐れる気持ちです。

完璧主義なので「自分が決めたことで、悪い結果が生まれたらどうしよう」と悩む時もあります。失敗はしてはいけないと思っているので、常に慎重に物ごとをあらゆる角度から考える傾向があるでしょう。

曇り空の朝、傘を持って出かけるかどうか。荷物になるし、雨が降らないかもしれない…と思ってしまいます。優柔不断な男性は、間違った決断で自分が損するのが怖いのかもしれません。

 

人の意見が気になる

優柔不断な人の心理的特徴は、物ごとを判断する際に周囲の情報や意見をたくさん集めてしまうところです。それは他人の意見を優先する思いやりでもあるのですが、気にしすぎるために時間がかかってしまいます。

デートで食事するレストランを探す場合、近くにあるお店にすぐ飛び込んでしまう大雑把な人。それと反対に優柔不断な人は、ネットで人気レストランのランキングを検索して、口コミ情報をしっかりとチェックしないと判断できません。

人の意見を考えすぎると、本来やりたいことが見えなくなってしまうでしょう。

 

こだわりすぎる

優柔不断な男性の心理は、こだわりすぎる性格が関係しています。よりよい選択をしたいため、絶対に譲れない部分を意識しすぎるのです。

たとえば洋服を買いに行く場合、好きな色が青だからとすでにこだわりがあるため、柔軟性のある発想ができません。すると簡単に決まるはずの内容も遠回りしてしまい、最終的によいか悪いかよりも、こだわりだけで決断して失敗するのです。

 

責任感が低い

物ごとを決めるのは、場合によっては責任を負うケースもありますので、優柔不断な男性は責任逃れしやすいタイプだといえます。

成功した時は自分の評価になりますが、失敗して他人から責められたり、悪い評価をされたりするのが嫌なのでしょう。ネガティブ思考が根底にあるため、自分が決定したことで悪い結果が出た時に、どう対処すべきか考えられないのです。

責任感が全くないわけではありませんが、優柔不断な人は責任を置くことに、他人以上に敏感だといえるでしょう。

 

瞬時の判断が苦手

カフェでコーヒーをオーダーする際、「ホットかコールド、どちらがいい?」といきなり友人に聞かれても、瞬時の判断に慣れていない人はなかなか答えが出せません。

慣れも必要なこんな場面。時間をかけて、どちらのメリットもデメリットも考えたい優柔不断な人は、プレッシャーが苦手です。場合によっては考えすぎるよりも、インスピレーションで判断したほうがよい結果が生まれるケースもありますよね。感覚が研ぎ澄まされた人は、どのような場面でもサッと決断できるかもしれません。


スポンサーリンク



優柔不断な自分を改善する方法

優柔不断な男性心理の特徴といつまでも悩む癖を改善する方法彼女からいつも怒られてしまう、優柔不断な彼氏。ぐずぐずした態度は、ペースが違う人にとってはイライラの原因になります。

ではメリハリのある態度にするためにはどのような点を意識して、優柔不断な性格を改善したらよいのでしょうか。

 

間違った時の対策も考えておく

自分のせいで、周囲が嫌な思いをしたらどうしよう…と悩んでしまう時。自分が決断をしなければならない場面は、誰もがもしものことを想定して不安になります。

考えすぎると、優柔不断になるのは当然。そんな時は失敗した場合を想定して、違うプランや対策を考えておくのも必要です。たとえば会社の飲み会の幹事を任された場合ですが、お店選びが決まらず時間がかかる場合があります。

とりあえずは無難なところを選び、もし盛り上がらない場合は二次会で挽回するなど。失敗しても大丈夫なように、ワンクッション置くと決断力がつくでしょう。

 

言葉遣いから直す

「どっちがいいだろう」「そうだなあ…」など、自分の意志が固まっていないのは、言葉遣いからも感じ取れます。このようなはっきりとしない言葉は、自然と優柔不断な態度につながってしまい、いつまでも迷ったままです。

自信のない態度を減らすためには、迷った時に言葉に出さないこと。ポジティブな言葉を意識して「では」「私は」と、断定するように会話を進めましょう。

 

他人に頼らない

優柔不断な性格を直してもっと決断力を養うためには、他人に判断を委ねないのが大切です。子供の頃から親がなんでも決めてくれた人は、大人になっても迷った時は他人任せになっています。

それでは責任を押しつけているようなもの。期待通りに行かなくても、自分で決める姿勢は、社会人として重要なのです。意見が食い違ってもよいので、人に聞く前にまずは自分の考えをアピールしましょう。

きちんと意見が言える人という印象を与えると、周囲の接し方も変わると考えられます。

 

必要な判断材料を揃える

次のデート、何する?と彼女に質問されて「どこでもいいよ」と判断を投げてばかりでは、上手くいくはずの恋でも険悪なムードになってしまいます。

どのようなことでも、決断するにはエネルギーを使いますので、人間関係をスムーズに続けるためにもお互いが決断し合える関係が理想的。

その際に必要なのは、判断しやすい材料を揃えることです。たとえばデートのプランなら、彼女が好きな映画のジャンルをもとに考えるなど。漠然とした中で何かを引き出すのは、とても大変なのです。

 

選択肢を増やさない

右と左、どちらに行くか。二択なら選びやすくてもそれが三択、四択になると目移りしませんか。優柔不断な男性は、無意識のうちに選択肢を作りすぎる傾向があり、自分で自分を苦しめています。

選択肢を制限するためには、直感を大切にしましょう。色々なデザインがある洋服の中でも、最初に目を引くものがあるはず。決断力は、自分の感覚で身につけていくのも必要ですね。

選択肢が多いと、あらゆる角度から物ごとをリサーチできるので、失敗を少なくすることが可能です。しかし自分の性格や思考パターンを考え、それが逆にデメリットになるなら、選択肢はできるだけ少ないほうが安心です。

 

主導権を持つメリットを考える

他人の意見や気持ちを考えすぎる優柔不断な人は、とても優しい性格が魅力です。しかし自分の意思をはっきりとアピールしないと誤解され、そんな性格を悪用する人もいるかもしれません。

決断力がある人は主導権を握り、周囲から一目を置かれる場合も。そんなメリットを考えると、優柔不断な性格も少しずつ改善されていくでしょう。

 

まとめ

優柔不断な男性は心理背景を考えて、今日からできることを積極的に取り入れてくださいね。他人の気持ちを重んじて優柔不断になる人は、それが自分のよさでもありますので、自己否定せず上手に周囲との付き合い方を考えるとよいでしょう。

大切なことを決めるのは、時間がかかって当然。シチュエーションごとに、後悔しない判断を意識してください。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!