心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

瞬きが多い心理はなぜ?相手の思いが分かる!

瞬きが多い心理はなぜ?相手の思いが分かる!

瞬きが多い心理については、一緒にいて気になる場面が多いですよね。相手の思いを深く知りたい時には、その心理について事前に知っておくと役立つことも。

今回は、瞬きが多い心理について深く見ていきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

強い緊張がある

瞬きが多い心理はなぜ?相手の思いが分かる!瞬きが多い心理の中には、緊張が関係している場合もあります。相手に対して緊張感が強いので、瞬きが多くなってしまうのでしょう。

 

相手に良く思われたい

相手から良く思われたいと思い、等身大の自分を演じてしまう人もいます。相手からどうすれば良く見られるのだろうと悩んでいるうちに、瞬きが多くなってしまうのでしょう。

自分でもこのままではいけないと思いながらも、どうしようもないケースがあるのです。相手が自分に対してどう思っているのか、それがとても気になるので緊張が増す場合もあるでしょう。

相手の思いを推測しては、悪い方に思い込んでしまうのです。マイナス思考の人も、そのようになりやすいもの。できるだけポジティブになり、相手に対して笑顔で接するようにしてみましょう。

 

話題が見つからない

相手の喜ぶ話題を見つけたいと思いながらも、これが見つからない時。どうしても緊張が強くなり、瞬きが多い心理になりやすいのです。

すぐに話題が見つかれば、緊張を自分なりに和らげることができるでしょう。でもこれができないのは、話題がどうしても見つからないから。

話題を出すのが得意な人もいれば、あまり得意ではない人もいますよね。話題が見つかれば、すぐに話すことができて会話も弾む可能性があるため安心感があるのです。

でも話題が見つからない自分に対して、ふがいない思いや辛い気持ちを抱えているので、自然に瞬きが増えてしまうのでしょう。

こういう時にはこちらから話題を出すようにして、相手の緊張を少しでも減らしてあげるようにしたいですね。

 

緊張しやすい性格

元々緊張しやすい性格の人は、人と話していて緊張を隠そうと努力をする傾向も。でもどう努力をしても、緊張を隠せない時がありますよね。

自分でも緊張をしていると分かっているので、更に焦りを感じてしまうのです。瞬きをすることで、自然に緊張を和らげようとする人もいるでしょう。

人により、リラックスできる行動や仕草は違うもの。これが、瞬きをするというものの場合もあるのです。

瞬きをしているうちに、自然に穏やかな気持ちになれると思うと、これからも緊張をした時に、瞬きをしようと考えるでしょう。

何かひとつでもこういうものを持っていると、いざという時にとても役に立つのです。

 

動揺をしている

瞬きが多い心理はなぜ?相手の思いが分かる!動揺をしてしまうと、瞬きが多くなる心理になる時も。動揺をしている自分に気が付いているケースもあれば、言われてみてやっと分かる場合もあるのです。

 

嘘がバレてしまった

嘘をついていて、これが相手にバレてしまうような場面も。「まさか相手にバレてしまうなんて…」と、動揺を隠しきれないのです。

嘘をつくのが上手だと自負をしている人は、どのような場面でも嘘をつくことに対して堂々としているでしょう。

でも嘘がバレてしまう時もあるのです。特に男性が女性に対して嘘をついて、これが見破られてしまうケースは多いですよね。

女性の持つ特有の勘かもしれません。これに対して男性はとても驚き動揺をしてしまうので、瞬きが多い心理になってしまうのです。

 

驚く出来事があった

普段会わないような人に思わぬ場所で会った時に、驚いて瞬きが多くなる例もあるでしょう。自分にとってのんびりできる場所は、ひとつは持っていたいですよね。

でもこういう場所にいる時に、知人に声を掛けられて驚いてしまうケースもあるのです。相手に対して挨拶をしながらも、瞬きが増えてしまう可能性はあるでしょう。

相手と話をしていくうちに、段々と驚いていた気持ちが落ち着いてくるかもしれません。そして、相手も挨拶だけで去ってしまうケースもあるので、この場合には自分の時間が戻ってきてホッとした気持ちになれるでしょう。

 

心配ごとがある

心配に思っていることがある時に、これについて悩み考えている時に、瞬きが多い心理になる時があります。

考え事をしているとしても、すぐに答えが見つかるとは限りませんよね。その答えについて色々と考えれば考えるほど、答えが見つからずに悩んでしまうのです。

様々な方法があると選択肢が多いのが嬉しいと思う反面、この中からどの方法を選べば良いのか考え込んでしまう時もあるでしょう。

でも自分の中で納得できる答えが見つかったとしたら、それを選ぶようにすれば後悔が少ないのです。

人のアドバイスも大切ですが自分で決めた答えなら、これについてまっすぐに進もうと思えるでしょう。

悩んだ時には人のアドバイスを聞くようにしながらも、自分なりの意見や考えを大切にすることが必要になるのです。


スポンサーリンク



親しくなりたい

瞬きが多い心理はなぜ?相手の思いが分かる!相手に対して親しくなりたいと思うと、話していても色々と考えてしまうもの。脈ありのサインを出すとしても、どういうものが効果的なのかを考えるでしょう。

こういう場面で、瞬きが多い心理になる時があります。考えれば考えるほど、自然に瞬きの回数が増えるのでしょう。

 

相手の好きなものが知りたい

相手の好きなものを知るようにすれば、そこから相手と親しくなれる可能性が高くなります。このため、質問をたくさんする人は多いでしょう。

でも相手の好きなものを聞いていくうちに、自分にとってはあまり好きではないものが会話中に出てくるケースも。

この時に「どう対応をしよう…」と悩む人もいます。相手の好きなものを否定してはいけない、でも自分にとっては好きではないので、話が合わせられないと感じるのでしょう。

無理に合わせようとしなくても、相手の好きなものをこれから知ってみようと思えば、自然に親しくなれるケースもあるのです。

 

きっかけを探している

相手と親しくなるために、そのきっかけを探す時には視線が色々な場所に行ったり、瞬きが多くなったりします。

きっかけはすぐに見つかるとは限りません。なかなかきっかけが見つからないと、間がもたないように思い困ってしまう人もいるでしょう。

きっかけがすぐに見つかった時には、とても嬉しい気持ちになるもの。笑顔で相手に対して話をしたり、スキンシップをしたりすることもあるのです。

きっかけを見つけるのが上手な人は、こういう時に焦らずに落ち着いてやり取りをすることが可能でしょう。少し落ち着いて様子を見てみると、きっかけを見つけやすくなるはずです。

 

相手の気持ちが気になる

相手がこちらに対してどう思っているのか、その気持ちがとても気になる時も。相手の愛情がしっかりと伝わってくれば安心できるのですが、気持ちが分からないと不安になってしまうのです。

自分に対してある程度自信がある人でも、好きな人から好かれるかどうかは分からないと思うため、気持ちを知るまでは落ち着かないケースもあるでしょう。この落ち着かない思いにより、瞬きが多くなってしまうことがあるのです。

 

まとめ

瞬きが多い心理については、その人の性格や人柄も関係しています。でも瞬きが多いと思っても、指摘をせずに見守る優しさも必要に。

そして、相手にとって興味を持てる話題を出してみると、笑顔を見ることが出来る可能性もあるのです。

何らかの理由で瞬きが多くなっていると思うと、相手の心に寄り添ってフォローをしてあげたくなりますよね。相手の立場になり行動をするのが、親しくなるためには必要なのです。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!