心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

指を鳴らす人の心理と特徴・手の動きでわかる相手との関係

指を鳴らす人の心理と特徴・手の動きでわかる相手との関係

指を鳴らす人の心理について、考えたことはありますか。カッコよく指をパチンと鳴らすのは欧米人の仕草、そんなイメージを持っている人も多いでしょう。

手の動きには人間の深層心理が表れやすく、頭で考えなくても体が自然と反応している場合があります。今回は指を鳴らす人の心理と特徴について、気になる意味を詳しくご解説していきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

指をパチンと鳴らす心理

指を鳴らす人の心理と特徴・手の動きでわかる相手との関係指を鳴らす人の心理は、自分でも意外な理由が隠されていることがよくあります。指と指をつけて、パチンとスナップする仕草。よくやってしまう人の心理をご説明しましょう。

 

パフォーマンスのひとつ

会話の途中で「あ、そうだ!」と、何かを思いついて指をパチンと鳴らす人がいます。外国人がよくやる仕草で、やりたくても上手く音が出せない人も多いもの。

パチンと軽く指を鳴らすのは、人ができないことをして自慢しているパフォーマンスのひとつ。注目してほしい願望があるためだと考えられます。

 

カッコよく見られたいため

パチンと指を鳴らす仕草は、一見カッコいいので周囲が注目してしまいます。そんな効果を意識している深層心理があり、グループで会話している時など、もっと自分を見てほしい場合に無意識にやってしまいます。

会話の流れに合わせて話題が変わった場面や、面白いニュースを提供する場合など。とくに異性の視線を感じると、もっと指鳴らしをしたくなるでしょう。

 

手を叩くより目立たない

自然とやってしまう手の仕草。突然思い出したことがあったり、興奮したりした場面で手はあらゆる動きをします。指を鳴らす人の心理は、パチパチと手を叩くよりも指を鳴らすほうが目立たないため。

大げさな態度だと思われないように、若干周囲の目を意識して自己表現しています。手を叩くと音も響きますので、周囲がハッとしますよね。

目立つ効果がありすぎるので、気弱な人ならあえて指を鳴らすようにするでしょう。

 

指をボキボキと鳴らす心理

指を鳴らす人の心理と特徴・手の動きでわかる相手との関係指を鳴らす仕草は指先以外にも、手全体を丸め込みボキボキと音を立てる場合があります。このような指を鳴らす人の心理について、考えられる理由を詳しくご説明しましょう。

 

体力に自信がある

筋肉質の体型でマッチョな人は自分の体に自信があるので、指を鳴らして自慢する意味があります。腕力があるので、なんでも簡単にできる強い自分をアピールしています。

このタイプは異性の前になると、いきなり指を鳴らしてそれとなく体を自慢しているでしょう。わざと腕の太さがわかるピチッとしたTシャツを着たり、筋トレ自慢をそれとなくしたりしているはず。人が見ている前で、重いものを軽々持ち上げるケースもあるでしょう。

 

相手を威嚇している

高圧的な態度をとるのは、相手に何も言わせたくないため。ボキボキと指を鳴らす心理がありますが、これは体の強さをアピールして相手を威嚇しているからです。

指を鳴らすと相手にプレッシャーがかかり、そんな人には余計なことをして絡まれたくありませんよね。強い人物であることを示し、相手にその場から去ってほしいのです。

 

関節の運動

指を鳴らすと、関節がほぐれて気持ちよく感じる可能性もあります。このような効果を狙って、習慣的に指を鳴らす心理が働きます。

指先を使うパソコンやスマホ、楽器を演奏する人など。指が疲れてくると、柔軟体操のつもりで鳴らしてしまう人もいるでしょう。

関節に負担がかかりすぎると、痛みの原因になるリスクもありますので、過剰に指を鳴らすのは健康上あまりよいことはないかもしれません。

 

癖でやっている

手は知らない間に、癖でやってしまう動きが色々とあります。勉強中や仕事中など、行き詰まった時に無意識に指を鳴らす心理が働き、体が勝手に反応してしまいます。

癖は誰にでもあるものなのですが、音が鳴るのは周囲に迷惑になる場合もあるでしょう。貧乏ゆすりなど、周囲が嫌がる癖はできれば意識して直したほうが安心ですね。

 

イライラ発散

指を鳴らす心理はストレスが溜まり、イライラを発散しているためです。残業で仕事が捗らない場合など、どんどんやる気をなくし次第とイライラしてきますよね。

そんな時に気持ちを入れ替えるつもりで、指を鳴らす場合もあるでしょう。心身共に疲れた時は、ストレッチで気持ちよく全身を伸ばしたほうが、イライラ解消になるかもしれません。


スポンサーリンク



手の動きによる心理背景

指を鳴らす人の心理と特徴・手の動きでわかる相手との関係人間の手の動きは、興味深い仕草が色々とあります。心理背景がわかる、手の動きによる意味についてご説明していきましょう。

 

手首を触る

手首を擦る仕草は、今イライラしているサインです。たとえば男性が怒っている場合、間違った行動に出ないように手首を擦り、怒りを抑えるケースがあります。

また嫌いな人と会話している間や、嫌な出来事があった直後なども手首を触り、ストレスを発散させる場合もあるでしょう。自分では気づいていないかもしれませんが、手首はすぐに触れる部分で大切なところ。無意識にストレスから、自分を守っている仕草かもしれません。

 

髪を触る手の動き

よく女性がやる、髪を触る仕草。髪の乱れを直す場合が多いのですが、心理的に相手に甘えたい、可愛らしく思われたい場合に髪を触ることがよくあります。

好きな男性の前で緊張している時も、気分を落ち着かせるために髪を指で掬ったりしますよね。つまらない顔で髪を触っている人は、その空間に退屈している可能性があります。

デート中に外を見ながら、髪の毛をくるくると指に巻きつけるのは、早く帰りたいサインでしょう。

 

爪を噛む

指に関する動きで、子供がよく爪を噛む仕草があります。大人でも未だにその癖が抜けていない人もいますが、爪を噛むのは不安や欲求不満を解消している意味があります。

神経質で心配性な人は、爪を噛んで安心しているのでしょう。子供時代の癖は大人になると次第となくなるともいわれていますが、不安解消の仕草は大人になってから始まる場合も少なくありません。

爪を噛むのは子供っぽい仕草にも見られるので、できれば原因を解明して直すようにしたいですね。

 

両手を合わせるポーズ

お祈りするように両手を組むポーズは、不安の表れだといわれています。お祈りする時に手を組むのは、願いごとを叶えたかったり不安を解消したかったりするためで、同様に日常生活内でも無意識に手を組んでしまう瞬間があります。

たとえば誰かにお願いごとをする際に、両手を組んでアピールしますよね。「これ買って」と恋人にねだる場合にも、よく見られる仕草です。

相対的に見ると守ってほしい、そんな弱い気持ちを無意識に相手に伝えている仕草とも考えられますね。

 

ポケットに手を入れる

カッコつけているポーズにも見える、手をポケットに入れる仕草。心理背景には自分を知られたくない、守りの意味があります。

たとえば会話の途中で、いきなり手をポケットに入れるのは、その話題に危険性を感じているか、触れてほしくない話のため。隠しごとをしたり嘘をついたりする場合も、相手に手の内を見られたくないためにポケットで隠しているのです。

ずっとポケットに手を入れたままになる人は、自分が置かれたシチュエーションに不安を抱いている可能性があります。

 

まとめ

指を鳴らす人の心理は、色々な意味が考えられますね。手は自分の意思とは反して動いてしまうケースがよくありますので、好きな人や友人の手の動きはそれとなく意識して、相手が今考えていることを察してみましょう。すると意外な心の隙間が見えてくるかもしれません。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!