心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

寝落ち通話する人の心理とされたときに切るタイミング

寝落ち通話する人の心理とされたときに切るタイミング

寝落ち通話する心理、または相手に嫌な思いをさせずに電話を切るタイミングについて、詳しくご説明しましょう。夜の電話はうとうとすることがありますが、なんとか会話に意識を集中させようとコーヒーを飲んだりテレビをつけたり、色々な工夫をしなければならない場面があります。

逆にそのまま寝落ち通話する人は、どのような心理背景があるのでしょうか。目が覚めたら電話から「ツーツー」と音が聞こえる瞬間。

いつ電話を切られたのかハッとします。では寝落ち通話する人の心理について見ていきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

寝落ち通話する人の心理について

寝落ち通話する人の心理とされたときに切るタイミング話に対する反応が鈍いと思ったら、相手が寝落ちしていたという経験はありませんか。そんな時はどういった心理背景があるのか、考えられる理由をご説明しましょう。

 

ただ疲れていたから

寝落ち通話する人ですが、心理的な意味が全くなくただ疲れていたので寝落ちしてしまったという場合がよくあります。恋人同士のLINE通話での寝落ちのように、習慣的にやっている人もいるようですが、疲れた時の夜の長電話は早く切りたくなりますよね。

相手がいつまでもマシンガントークで話をやめないと「うん、うん」と適当に相槌を入れて、そのまま寝てしまうケースも。疲労状況によってはスマホの電源を切って、ぐっすり寝てしまう人もいるでしょう。

 

安心している

人の声を聞くと、安心して眠くなる場合があります。寝落ち通話する心理は相手を信頼している意味があり、子供がお母さんの優しい子守唄を聞きながら寝る状況と似ています。

仕事のストレスや人間関係の悩みがあると、布団に入った瞬間にその日の出来事が頭を巡ります。すると夜中まで目が冴えてしまい、眠れないということは誰もが体験しているでしょう。

そんな時に信頼できる人や好きな人と通話していると、優しい声のトーンに落ち着いて寝てしまいます。逆の立場だと「通話中に寝るなんて…」と不快に感じるかもしれませんが、よく寝落ちするのは信頼関係があるサインなのです。

 

隣で寝ている気分になっている

恋人同士の寝落ち通話の場合、スマホをスピーカー通話にして枕元に置くと、すぐ隣に寝ているような気分になります。会いたい人に会えない時、とくに夜は寂しくなりますよね。

そんな場面での通話はお互いを身近に感じ、寝落ちしやすい環境があるといえるでしょう。寝落ち電話は、若いカップルで人気。仲のよさをSNSでアピールする人も増えています。

LINEやSkypeなどのように、無料通話のツールはたくさんあるので、電話料金の心配がないのは寝落ち通話したい人にとってありがたいですね。

 

声に癒される

眠れない時に声を聞くと、眠気を呼ぶ可能性があります。たとえばヒーリング音楽のように、数分間で寝落ちできる音楽などが人気ですよね。

通話も音楽と同じで、人の声に癒されて眠くなるもの。好きな人の声や独特の声のトーンがある人だと、まるで瞑想用の音楽を聴いている気分になるでしょう。

しかし声や音に癒されるのは、逆に考えるとストレスが溜まっている証拠かもしれません。そんな時は早寝早起きをして、健康的な生活サイクルを意識するとよいですね。

 

孤独が嫌い

電話を切る瞬間は、たとえすぐに会える人でも寂しくなりませんか。「じゃあ、またね」と通話終了ボタンを押すのは、相手が切るまで待ちたくなります。

寝落ち通話する人の心理は、一人になるのが嫌なためです。夜は孤独で闇の世界。一人だと不安になるので、声だけでもそばにいてほしいのです。

電話を切りたくないからといって、いつまでも通話を続けるのはかなり難しいでしょう。すると必然的にどちらかが寝落ちするのは、当然なのかもしれません。

自分が眠るまで電話を切らないで、と恋人にお願いされたら、疲れていても話をしてあげたくなりますよね。

 

眠そうな瞬間が好き

寝落ち電話を習慣的にやっているカップル。その理由は、相手が眠そうにしている瞬間がとても好きだから。眠くなると人は隙だらけになり、重大な質問にもあっさりと答えてしまう場合がありますよね。

そんな時間が愛しく、相手の寝息が聞こえてくるとたまらなく可愛く感じるのです。好きな人の寝息は自分も眠くなる効果が期待でき、疲れた時は同時に寝落ちしてしまうケースもあるでしょう。

 

いつまでもつながっていたい

遠距離カップルのように、年に数回しか会えない人は通話が唯一のデートです。Skypeで話しながら食事したり、毎日の報告をしたりすると一緒にいるような気分になりますよね。

寝落ち通話する心理は、いつまでも相手とつながっていたいため。離れている分、電話でできるだけお互いの存在を確認したいのです。

また近くにいる恋人でも、電話したほうが気持ち的に近く感じることもありますよね。通話は離れた人をつなげるツール、恋愛場面ではとくに活躍しています。


スポンサーリンク



相手が寝たらどうする?寝落ち電話の切るタイミング

寝落ち通話する人の心理とされたときに切るタイミング通話の相手が、スースーと寝息をたてている場合。完全に寝ているのか、うとうとしているだけか判断できません。早く電話を切ると相手に悪いので、タイミングが掴めずだらだらと続くケースも。では寝落ち通話する場合、切るタイミングについてご説明しましょう。

 

朝に切る

いつまでも自分の声を聞いていたいのかも?そんな相手ならそっと寝落ちさせてあげて、朝まで通話をつなげておくとよいでしょう。

寝息が聞こえても一瞬寝ただけで、すぐに起きる人もいます。ハッとして話しかけたら、もう相手が通話を終了した状態。そんな瞬間は放置されたようで、少し悲しくなりますよね。

相手の気持ちを考えると、確実にぐっすり寝るまでは通話をしていたいものです。切るタイミングがわからない場合は朝が確実。「おはよう、行ってくるね」と言って切るとよいですね。

 

反応がなくなったら切る

会話の途中で、シーンと相手が静かになり寝ている様子。話題を振っても乗ってこない、返しがない時は電話を切るタイミングです。

お互いに後で嫌な気持ちにならないように、寝落ち通話する人とは事前に切るタイミングを決めておくとよいですね。どちらかが寝たら切る、反応がない時は通話を終了するなど。

二人だけのルールがあれば、いつ切ればよいのか迷いながら過ごすことはないでしょう。

 

眠くなったら切る

眠くなったら電話を切るのが一般的なマナー。寝落ち通話は、仲がよい友人や恋人などでよくやることですが、信頼関係がある相手でも勝手に通話中に寝るのはマナー違反だと考える人もいます。

眠っている間もひたすら話をしているのは、相手にとって迷惑なこと。寝落ち電話が原因で、付き合い方が変わってしまうのは困ります。

相手の反応が読めない場合は、眠くなったら電話を切りましょう。会話の流れや声のトーンで、もしかしたらそろそろ…と思ったら「もう寝ようか」と声をかけてください。

 

話題がなくなった時

夜の通話は用件がなくても、だらだらと長引く場合がよくありますよね。お風呂も入り、好きなテレビ番組もやっていない日。電話で一緒に付き合ってくれる人がいると、よい時間つぶしになります。

しかし朝まで会話するほど、長電話するのはごく稀。切るタイミングとしては、話題が続かない時が無難です。「疲れた?」と相手に質問してみましょう。

話題の切り替えは、電話を切るタイミングになります。「じゃあ、また電話するね」と、不快な気持ちにならず電話が切れます。

 

まとめ

寝落ち通話する人の心理は、相手に好感を抱いていることは間違いないでしょう。声を聞いてホッとする瞬間。そばにいてくれたらな、と切なくなる場面もあるかもしれません。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!