心理を知って未来のヒカリを見つけよう!

menu

Light of Future

意識する心理になるのはなぜ?好意の返報性で両想いになる?

意識する心理になるのはなぜ?好意の返報性で両想いになる?

意識する心理には色々なものが影響し、気持ちが通じれば両想いになれるかもしれません。異性から否定的な態度をとられるよりも、好意的に接してもらいたいと思うのは誰しも同じですよね。

笑顔で優しく挨拶してくれる人や、丁寧に扱ってくれる人に対しては、特別な気持ちを持ってしまうこともあります。そこで今回は好意の返報性で恋が実るか、意識する心理と一緒に考えてみましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

特定の人を意識する心理について

意識する心理になるのはなぜ?好意の返報性で両想いになる?職場のように大勢異性がいる中で生活していても、なぜか気になる人がいますよね。意識するのは心理的にどのような状況なのか、まずは詳しくご説明しましょう。

 

特別な好意を感じた

意識する心理にあるのは、相手から特別な好意を感じることです。たとえばいつも仲良しの異性の友人。飲みに行ったり遊びに行ったり、それ以上の感情がないはずなのに、ふとした瞬間に急に相手を意識するケースがあります。

それは相手の気持ちに気づいたため。疲れた時に優しくしてくれたり、悩みごとの相談をしたら真剣に聞いてくれたり、自分だけに向けられた特別な感情が異性として意識するきっかけになります。

 

優しくされたい

特定の人を意識するのは、心理的に優しくされたい願望があるためです。タイプでもない相手が急に素敵に見えてしまうのは、きっと恋人に守られたいと思う気持ちが強いからでしょう。

過去に辛い恋愛経験をした人や、人間関係で疲れている時は、ふと異性の優しさが欲しくなる時があります。そんな心境になっている時に、自分の周囲に優しくしてくれる人がいると、今までとは違う見方になるでしょう。

 

興味が湧く

「食わず嫌い」という言葉がありますが、イメージだけで判断しているとその物ごとの本質は見えません。恋も同じで「外見が好みでない人は恋愛対象にならない」と簡単に判断してしまうと、自分にとって大切な存在になり得る相手は見つからないかもしれません。

普段は気にならない人の行動に興味が湧いたり、考え方に共感したりする時、そこから特別な気持ちが生まれます。たとえばいつも男勝りな女性。

ふとした瞬間の仕草に、女性らしさを感じるような場合があるでしょう。意識する心理背景には、相手に興味を持つことが考えられます。もっと知りたい、もっと一緒にいたいという願望が、次第に恋愛へ進展するのです。

 

嫉妬してしまう

意識する心理は自分で仕向けるものでなく、ある瞬間に突然やってきます。たとえば普段仲良くしている男性が、他の女性と楽しそうに話をしているのを見てイラッとする瞬間。

その気持ちの根底にあるものが「嫉妬心」だと自覚した時から、相手の存在を意識する心理が働きます。自分が恋をしていると気づくきっかけのひとつである嫉妬。

全く意識しない人に対して、他人にとられたくないという気持ちが強くなると、意識する相手に変わるのは自然なことでしょう。

 

意外なところを知った

いつも大人しくて自分から発言しない人。そんな人と目が合って微笑んでくれた瞬間に、自分でも驚くほど刺激を受けることがあります。

人間はよく知らない人を、外見や態度だけで判断することがありますよね。とくに異性は表面的なところで判断するケースが多く、話してみたら意外と面白い人だったということがあります。

意外なところを知るとその人が特別に見え始め、意識する心理が働くのです。「他にはどんなギャップがあるのだろう」ともっと知りたくなる気持ちは、実は恋の始まり。

魅力を開拓したいと感じた時は、一気に相手に惹かれる少し手前かもしれません。

 

好意の返報性で恋愛できる?

意識する心理になるのはなぜ?好意の返報性で両想いになる?もし気になる人がいる場合、素直に相手に気持ちを伝えると、相手も同じように意識してくれるようになります。そんな人間の心理作用を使うと両想いになりやすいという話がありますが、どのように好意は働くのでしょうか。

 

好意の返報性とは?

「あなたのことが嫌い」ともし言われたら、嬉しくなる人はほとんどいないでしょう。逆に「好きです」「好みのタイプです」などと好意を寄せられると、自分もお返しに相手を好きになりたくなるのが「好意の返報性」です。

他人によいことをされると、不思議とお返ししたくなる気持ちを活用すると、恋愛にもメリットがあると考えられています。

自分を意識してくれる異性の存在。「好意のお返しで、いつの間にか自分も意識するようになる」という不思議なからくりがあります。

 

多少知っている関係であること

好意の返報性は、どのような異性にも活用できるものではありません。成功しやすいパターンとそうでない例の違いは、自分のことを多少知っている相手であるかどうか。

たとえば友人、職場の同僚など、コミュニケーションをとる意思がある相手でないと、好意の返報性は生まれないかもしれません。全く知らない人を意識しても、相手はそのまま通り過ぎてしまうでしょう。

このように意識する相手とは、実は自分の生活の中にすでに存在している人で、普段から興味を持っている相手なのです。

 

気持ち的に余裕があるかどうか

失恋したばかりで、次の恋愛について考えられない状態の時。自分に優しくしてくれる人が登場しても、本気になるほど気持ちに余裕はないですよね。

異性から好意を向けられるのはとても嬉しくてドキドキしますが、次のステップに進むかどうかは自分次第なのです。仕事が忙しくて恋愛どころでない、プライベートで色々な悩みを抱えている人など、異性の存在が気にならない人も中にはいるでしょう。そんな人にはストレートに告白しても、なかなか上手くいかない可能性があります。


スポンサーリンク



好意の返報性を使うテクニック

意識する心理になるのはなぜ?好意の返報性で両想いになる?意識する相手をもっと知りたい場合や両想いになりたい時は、まず好意を伝えるのが最初のステップです。人の好意とは、頭の中で考えるだけでは伝わりません。アクションとして起こして、初めて通じるものなのです。

 

好意をアピールする

意識する人には、積極的に自分から好意をアピールしてください。それは「告白」することでなく、日常生活の中でできる些細な行動でよいのです。

たとえばジュースを買ってあげる、荷物を一緒に運んであげるなど。誰でもできそうだけど、意外とやらないことがありますよね。「どうして?」と相手が一瞬考えるような行為が効果的です。

 

褒める

好意の返報性を活用するテクニックは、相手を褒めること。自分を褒めてくれる人に対しては、お返しに褒めてあげたくなる人間の心理があります。

恋愛だけでなくビジネスでも同じで、褒めてくれる人とは上手く仕事ができますよね。意識する人の服装を褒めたり、笑顔が素敵だと言ってあげたり。褒めるのは、特別な気持ちがないとできないことです。

 

連絡頻度を増やす

好意の返報性は、自分の気持ちをどう相手に知ってもらうかがポイントです。人それぞれ恋愛観は違うので、どのようなアプローチをされると心が動かされるかわかりませんよね。

そんな時は、メールの回数を増やしてみましょう。頻繁にやりとりする関係が築けると、話の内容も徐々に濃くなっていきます。

あまりよく知らない部分を開拓すると、こんなところがあったのかと思いもっと好きになるかもしれません。意識するのは相手を束縛したい願望も隠されていますので、できるだけ一緒の時間を共有するのがコツですね。

 

まとめ

気になる人にもっと意識してほしい場合は、いつもは見せないギャップを見せるのがポイントですね。恋の始まりはいつどこからやってくるか、誰もわかりません。

しかしきっかけを作るのは可能なので、なぜか気になる人がいる場合は、まず好意的な態度で近づいてみましょう。

 

関連記事

【PR】

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Peace of mind

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。

スポンサーリンク

Twitterで更新情報お届け!